POLICYーこだわりの無垢材仕様ー

床材や壁天井材や外壁には、こだわりの無垢材を使用。
独自のルートで中間マージンをカットし、比較的安価に採用出来ます。
また、新潟オフィスには、100点以上のサンプルをご用意。
実際に手にとって選ぶ事ができます。
用途、ご予算に合わせてお好みの樹種をお選びください。

ナラ

無垢フローリングの定番。

くっきりした木目と淡い褐色の色合い。充分な強度と耐久性を持ち、無垢フローリングの定番的人気を誇るナラ。

ホワイトオーク

ウイスキーも選んだ尊い木。

美しい木目を持つホワイトオークは、北米の東部を中心に分布し、家具や内装に使われるもっともポピュラーな木材のひとつ。ウイスキーやワインの樽としても使用されています。
オーク材のフローリングは、きちんと手入れをすれば構造体よりも長持ちするといわれるほど丈夫。

タモ

年輪が醸し出す上品さ。

ヤチダモとも呼ばれる東アジア産の広葉樹。
はっきりとした力強い年輪が特長で、木目はナラに似ていますが、虎斑(年輪を横切るように現れる斑)はありません。
フローリングに適した堅く粘りのある材質で、和洋どちらのインテリアにも合う、木綿のような風合いです。

メープル

プレーンな色、ナチュラルな光沢。

日本名はイタヤカエデ。爽やかでクリーミィな色調が人気のメープルは、縮れ杢模様も見られ、光のあたり方で変化する絹のような光沢と変化に富んだ木目が大きな魅力です。また、和室の造作材として敷居に使われることもあるように材はきめ細かで磨耗に強く、硬さがあります。

カバザクラ

和も洋も、シンプルがいい。

サクラを連想させる淡い色彩の木目を持ち、木肌がよく似ていることからカバザクラと呼ばれていますが、植物学的にはカバノキ科に属する樹木。
ばらつきの少ない色合いの材面に、縮れ杢模様の輝きが散在するのが特長。材質もフローリングの適材として充分な堅さがあります。

ミャンマーチーク

海の上でも耐え抜く強さ。

古くから高級家具としてだけでなく、豪華客船の甲板、内装などに使われてきた木です。
船の甲板は炎天下の赤道直下から極洋まで気温の差が激しく、過酷な環境下にも耐え抜く強さが求められます。
そんな耐久性を誇るチークの中でも、最高級とされるミャンマー産です。

ピンカド

鉄のように、傷つきにくい。

樹脂分が多いため腐りにくく、シロアリや海中の虫、菌類にも抵抗力を発揮するピンカド。
そんな特性から、橋梁や枕木など高い耐久性が求められるさまざまなシーンで重宝されてきました。堅く、強度があるため店舗など重歩行用のフローリングとしてもおすすめです。

カリン

自然が織りなす、絶妙な赤。

チークと並んでアジア原産の銘木に挙げられるカリン。強度、硬度が高く、寸法安定性にも優れ、高級フローリングにふさわしい特性を備えています。さまざまな赤系の色が織り成す独特の表情は、使い込むほどに風合いを増し、深みのある赤褐色へと変化していきます。

ローズウッド

楽器にもなれる逸材。

ヨーロッパでは古くから珍重されてきた家具用木材の王様、インディアンローズウッドの種をインドネシアで育てた木で、別名ソノケリンとも呼ばれます。縞模様が美しいだけでなく、狂いが少なく堅く優れた特性があるため、ギターなどの楽器にも使われています。

アカシア

リゾート気分を、自宅でも。

アカシアは、マメ科アカシア属の常緑樹の総称。黒褐色の濃淡はウォールナットに似ていて、ところどころに木目を横切って現れる光沢のある縞模様が、独特のニュアンスを醸し出します。

ウォールナット

チョコレート色、マーブル模様。

数多くの北米広葉樹の中にあって、最高級の家具、内装材として長い歴史を持つブラックウォールナット。節を残した個性的な木目に彩られた材面は、伝統を感じさせるずっしりとした重厚感がある反面、モダンなインテリアにも調和します。

シルバーパイン

素足がよろこぶ、柔らかさ。

等間隔に並ぶ節と、白味と赤味が混在するナチュラルさが魅力の北欧の赤松で「レッドウッド」とも呼ばれています。
清潔感あふれる材面は年月を経て飴色に変化し、松特有の美しさを味わうことができます。
針葉樹ならではの柔らかさが、素足にぬくもりと心地よさを伝えます。

キリ

足腰に、自然の思いやりを。

調湿作用や断熱性に優れ、古くから箪笥や貴重品の箱などに使用されるキリ。これは独立した気泡状の空気を多く含んだ発砲スチロールのような構造を持っているためで、足腰に負担をかけず保温性を必要とした用途に適しています。
冬は暖かく、夏はさらっとした肌触りです。

クリ

縄文時代からの頼れる木。

国産のクリは、力強い年輪と広葉樹らしい硬質感に加えて調和のとれた色と癖のない風合いがあります。
土台をはじめ構造材として長く使われてきた歴史がありますが、耐水性があり、膨張収縮率も少ないためフローリング材にも適しています。

スギ

素直で、まっすぐな性格。

日本人にとって最もなじみのある木材のひとつ。
「直木」(すぎ)が名前の由来だとされるようにまっすぐな幹と材質に特徴があります。材が柔らかいため、かつてはフローリングに適さないと見られていましたが足腰への負担を軽減すると評価されています。

ヒノキ

日本文化の立役者。

国内最高級の建築材として、構造や内装に使われてきたヒノキ。
1000年を超えた今でも威容を誇る法隆寺が、その卓越した耐朽性を証明しています。能舞台もヒノキでできており晴れの場を意味する「檜舞台」の由来となっています。
カンナで削られた肌はつややかで芳香があります。

ページトップへ▲