POLICYー高強度SSLOCK工法ー

次世代スタンダード金物工法「SSLOCK」
「SSLOCK」は木造在来軸組工法の強度を飛躍的にアップさせることができる金物工法です。

木造在来軸組工法とSSLOCK工法の比較

在来軸組工法

【在来軸組工法】

木造在来軸工法では、通し柱の梁接合部における断面欠損の影響で大きな震動では強度を保てない場合があります。
金物工法SSLOCK

【金物工法SSLOCK】

SSLOCK工法では、接合部に金物を使うことで耐震性能が向上し、地震による住宅の倒壊を防止します。
※写真をクリックすると実大振動実験の動画を見ることができます(WMV形式)

安全性

安全性

ドリフトピンとナットで上下の力に抵抗する地震に強い金物工法。

木造住宅の構造強度を高めるためには木材接合部の強化が重要。そこでSSLOCK工法は、部分ごとに専用の接合金物を用い、さらに接合部のナットをドリフトピンではさんで上下の振動にも対応。高い安全性を確保しました。

耐久性

耐久性

柱の欠損とボルト部の座堀なくして木材本来の耐久性を確保。

できるだけ金物を使わず、木と組むことで構造体をつくり上げていた従来の木造住宅は、耐久性の確保が課題でした。SSLOCK工法では柱の断面欠損がなくボルト部の座堀も必要であるため、木材の耐久性を損ないません。
ページトップへ▲